Archive [2006年09月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

役者にとって

「役者にとって不要な経験はない。」という。 犯罪は別として。 その経験が引き出しとなり、役つくりにつながる。 素晴らしい演技をする人はそれなりの苦難を 乗り越えてきた深みがあると思う。 ただ、その真っ只中にいるときは、そんなこと 思えない。苦しくて、苦しくて自分が自分でないような、 気持ち。ちょっとした意地の張り合いから取り返しが つかない事に。気がついたときは遅すぎたり。 ...

初日

長野の飯田で初日が開いた。 朝から貸し切りバスで出発。 昼仕込み、夜公演、バラシ。 仕込み後、踊りの抜き稽古など、最後まで 調整を繰り返し、初日を迎える。 温かい客席の会員さんに支えられ無事終演。 10月30日までの短い公演だけど、 長野の皆様、よろしくお願いします。 夜は、先輩の柳生氏、後輩の石田の三人で 居酒屋へ。久しぶりに若手男優で芝居の話で 熱く盛り上がる。刺激を受け...

ばたばたと

毎日がバタバタと過ぎていく。 今日は、「出雲の阿国」の公開舞台稽古。 明日から旅公演。長野県下。 「銃口」から時間があっという間に過ぎた。 疲れを引きずったのか、のど風邪がなかなか治らなかった。 昨日は、朝から夜までの稽古でゲネ、食事も取れず、 家でちとイライラしながら洗い物をしていたら グラスを力で割り、小指を切る。 結構傷が深く、血が止まらず、なんか泣きたい気分。 12時...

稽古場から稽古場へ

「銃口」から休みもなく、只今「出雲の阿国」稽古の 真っ最中。10時から19時半頃まで毎日。 明後日は総ざらい・・・。早い。 今日は、演出家の都合で早く稽古が終わると聞いたので、 「散歩道楽」9月公演の稽古場へ遊びに行く。 初めて、小劇場も稽古場を見学させてもらった。 とても細かく、熱のある稽古。刺激を受けた。 終了後、何人かで軽く飲む。 本当に楽しい、刺激を受ける夜だった。...

千秋楽、そして帰京

6月から始まった「銃口」も千秋楽を迎えた。 今年の夏は、「銃口」の夏だったなー。 首痛めたり、風邪ひいたり、肉体的にも 大変な公演だったが、貴重な発見もたくさんあった。 ひと公演ごとになにかをつかみ残したい、残せた 公演だったと思う。 終演後は、帰京。和歌山から新大阪、そして東京へ。 明日は朝から荷下ろし。 そして12日からは「出雲の阿国」の稽古が待っている。 「銃口」の余韻に...

明日で

今年の「銃口」も明日でおしまい。 やっぱり寂しい。いろんな事があった。 つらい事、楽しい事。そして出会い、再会。 いろんな思いをしょって明日の舞台に臨むだろう。 明日は終演後帰京だから、今日が旅最後の夜。 交流会後、スタッフも含め7人で「Bar風」に行く。 今日は、風のご夫婦が観てくれた。4年前の「赤ひげ」 での出会い。和歌山での再会、そして別れ。 一日早い打ち上げ。本当に楽しい...

照明会

和歌山2日目。夜公演後、なにも予定がなかったので 第二回照明会!!といっても今日で終わり。 佑はずっと搬入中は搬入をせずに照明の吊り込みをしていた。 なので今日は、東京舞台照明のスタッフさんと飲み会をやったのだ。 いやー飲んだ。久しぶりだったし酔っ払った。 でも、芝居の話がたくさん出来て楽しかった。 正面で、一番芝居を観ているのは照明さんだからね、 いろんな話ができてよかった。 ...

「銃口」200回

本日、「銃口」は粉河で200ステージ目を迎えました。 この会館は、4年前の冬、「赤ひげ」の例会で来た時に、 初演の「銃口」の配役発表があった場所です。 ここで200回目の記念の舞台を迎えるなんて不思議! 九州の千秋楽が155回だったので、あっという間の 今回の45ステージだった。 今日は、終演後は粉河から和歌山の宿へ戻り、 夜はバラバラ。けっこう皆で集まって飲みに行く班じゃ ...

京都へ

今日は、岸和田から和歌山への移動日。 思い切って、一人京都へ。天下茶屋で乗り換え、 北浜、を経て京阪で出町柳、鞍馬へ行く。 体的には復活だが、気持ち的にはちょっと 疲れていたので、のんびりしたかった。 小雨まじりの鞍馬は空気もひんやり、気持ちも リフレッシュできた。 四条にもどり、京都営業所に顔を出し、 「祇園たかはし」へ久しぶりに大将や女将さんの顔を見る。 おいしい料...

ポスター

体調も復活。ほんと久しぶりに、酒を飲む。 缶ビールだったけど、うまい!!んで、ワインも少しだけ。 ビールも小さい缶だったし、ワインもほんの少しだったけど すぐに酔っ払い、バタンキュー。 咽を痛めて本当に大変で、つらい思いをしたけど また新たに発声や、舞台での体のあり方を学んだ。 貴重な体験。ころんでもただでは起きん! ホテルにチャックインすると、フロント脇に 演鑑のポスタ...

和歌山

移動日で和歌山へ。 本当は、明日が貝塚で公演なんだけど、 岸和田でだんじり祭りがあったので宿が取れなかったらしい。 和歌山は何度か来てるけど、ゆっくり街を回ったのは初めてだった。 ここは南方熊楠の故郷。佑は「およどん盛衰記」で 若き日の熊楠の役やったなー。 のんびり買い物して、ゆっくりした。空はすっかり秋だった。 本当は、大阪で時間をつぶそうと思ったけど。 昨日、前田美波里さ...

横浜から旅へ

横浜4日間も今日で楽。 今日は新横浜駅近くに泊まり、明日朝、姫路へ。 いよいよ今年最後の「銃口」の旅へ。 この間、雑記が空いたのは、今だから書けるけど 風邪をひいていた。しかも重症・・・。 下北に芝居を観に行った夜から咽が痛くなり、 次の日から、3日間は芝居はなかったけど、 「出雲の阿国」の稽古。稽古中から熱が出て、早退。 月曜まで、熱と咽の痛み、激しい疲労感に襲われる。 ...

ご案内

プロフィール

高橋佑一郎

Author:高橋佑一郎
俳優
歌舞伎から小劇場まで、
ジャンル関係なく芝居好き。
フォト好き。
そして、ワイン大好き♪
殺陣師も少々やっとります。

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

カテゴリ

Twitter

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。